ブログ大全   アフィリエイトサポートします 携帯アフィリエイトを始めたい 短期に10万アクセスTOPへ   管理者ページ 

短期に10万アクセス (ブログSEOサポート) ブログの書き方・続け方

あなたのアフィリエイトを成功に導くためのブログです。このブログへのアクセスは「短期に」で検索を♫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

続くブログの書き方-3 

アイデアプロセッサ
アイデアプロセッサあるいはアウトラインプロセッサをご存知ですか?

プログラミングや、シナリオ作成に特化したアプリケーションです。
小説や論文、台本その他にも応用がききます。

万年筆と原稿用紙で書ける巨匠の方々は紙とペンさえあれば、いくらでもどのようにでも書くでしょう。

ITを取り込める若いもの書きの方々は、大体3グループに分かれるようですよ。


1.アイデアノート・メモを常時持ち歩きとにかく書き溜める。
2.ボイスレコーダーに録音し、後で聞きながら推敲する。
3.アイデアプロセッサと、メモ帖を使う。


紙の帳面、すなわちメモ帳はいまでもなくなりません。なぜかといえば、ノートパソコンよりもすばやくアイデアを記録できるからです。
要するにポータビリティが最も優れたものだからですね。

アイデアの記録はそれでいいのですが、問題は組み立てのときの融通とか使い勝手のよさがあるかです。

紙では用意にアイデアを記録できるのですが、それを編集し入れ替えや書き換えには全く弱いですよね。

これはパソコン上でエディタを使うことにかないません。
単なる文章を入力するのではなく、項目とか目次案を上げておいてそれにあわせて書くことのできるアプリケーションが出始めています。

すなわち、紙の次くらいに容易にアイデアの項目を作れて、テキストエディタのように編集機能がある。そのようなものをアイデアプロセッサといいます。
もっと解りやすく言うと、「シナリオ推敲ソフトウエア」です。
文字列の説明を長々読むよりも、実際に試して理解するほうが早いです。
アイデアプロセッサの一つを実際に紹介しましょう。お勧めですよ。
私が個人的にいろいろ試した中で一番使いやすいのは次のソフトでした。

Story Editor 無料のソフトウエアです。

ここの、Computer メニューからダウンロードする場所にいくことができますよ。

で、これがなぜブログを続けることに役立つかというと・・
記事のアイデアが浮かんだときに、そのままメモする形でストックすることができるからです。

アイデアが浮かんだら、項目に分けて目次としておきます。簡単な要約とか概要だけを入れておけば、あとで幾らでも文章に変換していくことができるでしょう。

それも自分の好きなときにできますので、出来上がったらブログに移していけばいいのです。

ブログのカテゴリごとにストックするなんてこともできますね。^^;
実際にやってみてください。いかに便利かわかりますよ。

ブログの入力画面でだけ、ブログを書くことから一旦離れて、フリーなソフトウエアを利用して楽することを試されてはいかがでしょうか?

便利ですよ~ ^^;



総合メニューへ
>> コアラのブログラミング
>> 目から鱗のアクセスアップ
>> アフィリエイトの道

おお、役に立つと思われたら・・応援をありがとう! FC2ブログランキング



スポンサーサイト
[ 2005/10/11 23:08 ] ブログノウハウ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
無料メールミニ講座(全8回)
アフィリエイト第2次ブームに備えよう! 
名前(姓)
名前(名)
メールアドレス
フリーメールは不達になりやすいのでご注意を
真面目なメルマガ
メルマガ購読・解除
Flash OOPマスター講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ購読・解除
猫式ネットビジネス講座
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

すばらしい効果が出ます
アフィリエイト
クチコミ・コメント大歓迎
プロフィール
厳選 お役立ちツール

キーワード出現頻度解析
キーワード出現頻度解析

URLを入力で誰かに閲覧されます。
無料アクセスアップツールWarp!-mini

【URLチェンジツールプラス@】 URL配信せず閲覧する →Link Link Link←

URLを登録すると3回誰かに見てもらえます!

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。